映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」

スポンサーリンク

映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」

※の、ネタバレにならない程度に書いている感想。ですが、何も知りたくないという方は読まないで下さい。というかオーズのことしか語っていません。

結論から言うとですね、もう号泣です。ババァが子供にまぎれて大号泣という地獄絵図を
お見舞いしてやりましたよ。上映が終わって明りが付いた瞬間の友人の一言目が「大丈夫?」だったのは本当申し訳なかったなと今でも思います。もうひとつ申し訳なかったのは、友人の反対側の隣の席にいた成人男性も号泣していた為に彼女は大泣きしている大人ふたりにはさまれて観賞していたということです。友人は何らかの罪を犯してあの席にさせられたのでしょうか

平成仮面ライダーどれも面白いのですがわたくしの中で不動の2作品がありまして、それが「クウガ(2000~2001年放送)」と「オーズ(2010~2011年放送)」という作品なんですね。
今回のFINALではこのオーズがですね、復活すると。なんと当時の役者さん登場と。もう行かないわけにはいかなかったんですよね。こっちは6~7年経って尚、愛が止まらないわけですよ当時小学校に入学した子ももう中学生になるわけですよ、さらに言うと一緒に観ていた子供たちはまだ生まれてなかったかもしれないんですよ、そんな時の流れにも負けず愛を貫いた結果、こんな大きな御褒美が公式から頂けたわけですよ。生きててよかったーーー!!!!!!!!!!好きでいてよかったーーーーー!!!!!!!!!!!!ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~~~;;;;;;;;;;;;;;;(東映様の方角に向かって手をあわせ泣きながら崩れ落ちるクソオタの絵文字)

このオーズに出演していたのは渡部秀くん・三浦涼介くんというお二人の俳優さんなんですが
今作は他にも過去のライダーが登場します。今や売れっ子俳優となりましたフォーゼの福士蒼汰くんや、鎧武の佐野岳くん、そしてゴーストの西銘駿くんも登場し実に豪華です。ですがそれだけライダーを出すとなると各パート短いでしょ?と観に行くのを躊躇っているの大きいお友達もいらっしゃるかと思います。はっきり言いましょう短いです。そもそもメインはビルドとエグゼイドなわけですからそりゃそうです。ですが、ですが!オーズファンのお友達にだけは声を大にして言いたい。オーズパートだけめっっっちゃめちゃ優遇されてました。登場時間トータル10分なかったかもしれません、でも観終わったらオーズのことしか覚えてないです。もうオーズのことしか考えられない身体になります。なにがどうとかじゃないんです、心が!!心がオーズしか覚えてない!!!すぐ行った方が良い(※強火オーズ信者個人の意見です)

そうだろうなとは思ってましたが、ほぼファミリー層とひとりで観に来ている成人男性しかいなかったんですけど、キッズたちと一緒に映画を観るって滅多に無くて多分ベイマックス(名作)以来・・?だったんですけどまぁ~自由。フリーダムとカオスの間。途中、あれ?私いま家でテレビ観てるのかな???って思ったくらいでめちゃくちゃ面白かったです。予告のときもしゃべるし笑うし楽しくなっちゃって一緒に笑ってしまった。仮面ライダーってやっぱり子供たちのものって意識があるので、こっち(大人)が子供たちの世界にお邪魔しているって気になるんですよね。だから上映中話し声が聞こえてもトイレに立たれても何とも思わない。良い人ぶってるわけじゃないんです!マジで!何っとも思わない。不思議ですよね、これが普通の映画観てるときになると、ちょっとビニールガサガサやってる音が聞こえてきただけでポップコーンを穴という穴にぶち込むくらいは思うのに

ここを見て下さってる方は仮面ライダー全然興味ないかもしれませんがお時間があるときにもし思いだしたらクウガとオーズは本当に名作なので観てほしいです・・・。結構大人向けなので飽きずに観れると思いますっていうかクウガに至っては子供が観るには若干怖いぐらいです。もし観ましたらご一報ください、部屋でひとり喜びのShake it!を踊ります。OH~!!(上着を脱ぎ出す)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする