映画『忍びの国』

スポンサーリンク

銀魂と二本立てで観てきました実写版『忍びの国』・・・なんか意図せず実写ばかりに・・・。以下ネタバレ含みますのでお気を付け下さい!!!

『忍びの国』

前情報ZE~RO~で観に行ったんですけど、思ったよりコメディ感が強い?ような?アクションもリアルなみせ方ではなく、がっつりほらここCGです!ワイヤーです!!っていう感じだったんで余計にコメディ要素増々だった。でもだからこそ後半のシリアス部分が盛り上がるんですけどね。物語の根底にあるものは重いわけですし

噂の鈴木亮平くんと大野さんの一騎打ちシーンは凄すぎた。いや、なんか、もう軽々しく凄いとか言うのもおこがましいというか正直早すぎて何がどうなってんだかよくわかんなかった・・・見えない・・・ただいろんな苦労だけはハッキリ見えました。バラエティで宣伝してるときに大変だったと言ってましたがこんなんそりゃそうだろと。実際大変なんて言葉じゃ済まないでしょ・・・

お国ちゃんのとこは、ちょっと待ってくれよぉぉぉそんなんありかよ~~~やあぁぁめてくれよ~~~~~辛いよ悲しいよ~~~ってなりましたね~・・・・そこまでは無門が飄々とした話し方をしていたのもあって、叫んだ瞬間泣いた・・つら・・・悲痛な叫びとはまさにっていう・・・無理・・・でもお国ちゃんの白い首筋にガブッといった瞬間は正直ニヤッとしたすまん

お国ちゃんは悲しかったけどまぁまぁ完全に悪い終わり方というわけではなかった・・かな・・・最後の最後で救われ・・た・・・まぁ・・・うん・・・うん私は良い終わり方だったととりました。しかもエンドロールで「つなぐ」流れるからなんか草むらから嵐さんが順に出て来て大野さんと共に歩き出すんじゃないだろうかっていう謎の画がみえてしまい、ひとりですごいハッピーエンドじゃんみたいな気分になってた

そしてそして無門ですけどもなんか脱力感というかお爺ちゃん感はほぼ大野智だった気がするんですね。話し方も凄く自然でまんまに見えましたし。でも、その話し方も声もふにゃ~んとしてて姿勢も基本猫背でまるっとしてるのに目だけが全然笑ってないんですよね。なんかそれだけでああ大野さんとは違う人なんだこの人は無門なんだって思えた程、目がやばい、目がやばい(2回目)バラエティでぼくたちが見ていたあのかわいい笑顔はどこに・・・ってなる

でもこういう普段大人しめな雰囲気や印象のある人に、平然と次々人間殺させる役をやらせるのってむちゃくちゃ濃いぃフェチズムを感じる。ラストはなんか、殺人マシーン愛を知る・・・みたいな。そんなんいつの時代だってオタクは大好きなんだから喜び庭かけ回るよ

あと國村隼さんとでんでんさんは、どの作品にいても強く印象付けてくるから本当に大好きな演者様。最高。あとマキタスポーツも好きなんですけど、この方たちですね皆さま共通して声がとっても良いんですよ

あーこれも円盤出たら観直して絵描きたい・・・心がまだ少年だから。忍者とか大好きだから

あの、全然関係ないんですけどね?忍びの国公式ページもう皆さん見てると思うんですけど、キャストのとこ満島真之介くん見ました?ぜひ見て下さいむちゃくちゃ顔怖いから。目のあたりをじーっと見てるとなんかゆっくり振り向いてきそうなんですよね・・・下手なホラーより怖いまじで。今夜、夢でお会いしそう。望まぬ出会いすぎる・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする